管理人、ビル管理人、不動産管理のお役立てサイト


ビル管理人とは

大きなビルでは、建物全体を管理して安全かつ快適なビル環境を保つために、設備担当・警備担当・清掃担当などのスタッフが働いています。ビル管理人は、そうしたスタッフのチームリーダーとして働いています。
設備担当の人は、ビルの冷暖房設備や照明設備などの管理を受け持ち、無駄な光熱費を削減しながら、快適なビル環境を保つのために、さまざまな工夫をしています。電気のメーターをチェックし、ビル内を巡回して、時間ごと、季節ごとの温度や明るさの変化をチェックして、その記録を毎日取ります。その集めたデータから、冷暖房を切り替えるタイミングを考え、運転計画や、運転を正常に保つためのメンテナンス計画を立て、ビル内を快適に過ごせるように調整しているのです。
警備や清掃担当の場合は、作業内容に見合った人員の配置が重要な仕事です。少ない人数で効率的に仕事を進めるには、スタッフ1人1人の性格も考えに入れながら、担当する広さなどを割り出し、シフトを作成します。清掃の仕方の指導や、作業結果にミスがないかの確認も、大切な仕事のひとつです。ショッピングセンターのビルを担当する場合は、ビル内の店の売上金を預かったり、その中から家賃を回収したり、ビル内を巡回して清掃が行き届いているか監視したりするため、仕事の幅が広くなります。そのほかにも、大勢の客がくる魅力的なビルにするために、人が大勢集まるイベントを企画したりもするのです。ビル管理人は、担当するビルを、安全・快適で、活力あるものにするスペシャリストと言えます。


建築物環境衛生管理技術者

建築物環境衛生管理技術者は、通称ビル管理技術者と呼ばれ、建築衛生的環境の確保に関する(ビル管理法)に基づく国家試験です。百貨店、集会場、図書館、博物館、美術館、遊技場、店舗や事務所、研修場、学校、旅館のうち、ビル管理法の規定により延べ面積が3000u以上、学校では8000u以上の面積のある建築物の所有者は、建物ごとに建築物環境衛生管理技術者を選任し、その監督を受けるよう義務付けられています。選定された建築物環境衛生管理技術者は、空調や下水道を管理するとともに、清掃、ねずみや害虫の駆除などが適切に行われているかを監督することで、衛生管理を行います。社会的ニーズは高く、国家試験はかなりの狭き門といわれています。国家試験を受験するほかにも、(財)ビル管理教育センターが実施する建築物環境衛生管理技術者講習会を修了すれば資格が取得できるという「近道」が存在します。国家試験の場合学歴に制限はありませんが。、講習会を修了して取得する場合は、学歴と実務経験年数の組合せが規定されています。人の集まるところは、衛生的でなくてはならないため、その監視の目を光らせるのが、この建築物環境衛生管理技術者の資格者です。


ビル施設管理者のお仕事

私たちがビルディングの中で安全、快適に過ごすことができるのは、室内の照明・温度・湿度などがたえず調整され、一定の状態に保たれているからです。こうした調整や管理の仕事をするために、ビルの中では、電気工事士、ボイラー技士などの資格を持った人たちがいろいろな機械設備を運転し、保守・管理に当たっていますが、こうした人たちを総称してビル施設管理者といいます。
ビル施設管理者は、オフィスビルや店舗ビルなどにおいて、照明などの電力設備、空調設備、給排水設備などの運転・調整や管理を行います。電力設備の運転と保守では、エレベーター、照明器具、電話などに必要な電力が送られるよう、配電盤などのスイッチやボタンを操作します。また、電力計、電圧計、電流計などを常に監視し、正常に動作していることを確認します。
空調設備の管理では、冷暖房用機械の運転を行い、室内の温度、湿度、換気が一定に保たれるように操作します。また、給排水設備の管理では、飲料水用の水槽やポンプの運転、排水の処理に関わる設備の管理を行っています。
その他に、ビルを使用している人たちの苦情や要望を聞いて、空調機を調節したり、照明器具や電気設備の簡単な修理も行います。また、1ヶ月に1回程度、空気や排水が汚れていないか測定し、年に数回は、空調機などの定期点検も行います。これらの作業内容は全て報告書に記録し、効率のよい運転管理を行うための資料として保管します。


ビル清掃員のお仕事

ビル清掃員の仕事は、オフィスビルをはじめ、店舗、学校、病院など、様々な建物の清掃を行います。ビルメンテナンス業務の中でも、建物利用者に快適で清潔な環境を提供する最も基本的で重要な仕事と言えます。ビル清掃を大きく分けると、室内清掃と室外清掃に分けられます。室外清掃には、主なものだけでも床、壁や天井、ドア・ガラス、照明器具や吸排気口、トイレや湯沸かし室などの清掃とゴミの回収を行います。
室外清掃では、外壁や窓ガラス、屋上、玄関などの外回りといった、ビルの外側の清掃を行います。室内清掃では、室内清掃のうち床の清掃については、建材に合わせた清掃方法で行う必要があり、塩化ビニールタイルなどの弾性床材の床では、日常的にはダストモップや自在ぼうきなどでちりやほこりを取り除く作業を行います。定期的には、床に付着した汚れをモップで拭き取った上で、汚れや傷みから建材を守るためにワックスがけを行います。カーペットの床では、掃除機でほこりを取り除き、必要に応じてしみ抜きや洗浄を行います。
トイレや洗面室など汚れやすい箇所は、1日に数回見回って念入りに清掃し、トイレットペーパーなどを補充します。事務所や店舗など昼間使用される場所では、夜間や早朝にゴミの回収や清掃を行います。毎日行う日常清掃では、毎日頻繁に使用され、汚れの激しい場所の清掃を行い、1週間〜1ヶ月に一回行う定期清掃では、汚れの少ない場所や日常清掃で十分にできない場所の念入りな清掃、損傷部分の補修、内装材の保護処理などを行います。


警備員のお仕事

一般にガードマンやガードウーマンと呼ばれる警備員は、建物の内外や人が大勢集まるところ、あるいは逆に人目が行き届かないところで、事件の発生や事故の発生を警戒防止する仕事です。警備員の仕事の内容は多種多様で、警備業法によると、ビル、銀行、病院などの施設において盗難防止や事故警戒にあたる1号警備、道路工事現場や祭礼、イベント、駐車場での交通誘導等にあたる2号警備、現金や貴重品、美術品などの運搬などを行う3号警備、民間における要人の身辺警護にあたる4号警備に分類されます。さらに夜間無人になる建物などにセンサーを設置し、基地局において監視や警戒にあたる機械警備などの仕事もあります。


仙台の駐車場付き賃貸


東京近郊や賃貸の物件は駐車場がないというのが多い気がします。特にワンルームで学生さんが多いところに目立つような気がします。仙台や東京は一人暮らしの学生さんが多いですからね。
学生で車を持っているという人は少ないかもしれませんが、稀に持っている人いますよね。


おすすめWEBサイト 5選

音楽教室 東京

最終更新日:2019/1/7


Copyright (C)kanrinin master.All Rights Reserved.